お知らせBLOG

借入限度額と返済比率について(3)

こんにちは。

注文住宅の相談窓口の日下(くさか)です。

当店では住宅会社選び、住宅ローン、土地探しなどマイホーム購入に関するさまざまな悩みを住宅専門のファイナンシャルプランナーが無料で解決いたします。埼玉県内のみならず、近隣の都県からのお問合せご相談も大歓迎です。春日部駅西口徒歩4分 ララガーデン春日部の向かい側に店舗があります。

お客様の立場になって一緒に家づくりを徹底サポートしています。

今回は多くの質問を頂く事が多い、借入限度額についてお話ししたいと思います。計4回の3回目、前回は返済比率についてお話ししましたが、今回は借入限度額が減額される事案についてお話しします。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

借入限度額と返済比率について(3)

 

返済比率とは月々の支払額から借入限度額を算出されるので、既に100万円を消費者金融やリボ払いで借入れの場合、住宅ローン借入可能額から100万円が減額される事ではありません。

既に月々2万円の支払いの借り入れがある場合、約600万円の減額になってしまいます。大きい額ですよね。

 

主な減額される事例

■クレジットカードのリボ払いや借入。
■消費者金融や銀行からの借り入れ。
■携帯電話の割賦契約。

 

減額されない事例

〇クレジットカードの1回払いの決済
〇生命保険の契約者貸付金制度

※自動車ローンに関しては返済比率に含まない金融機関が一部あります。

 

私たちの生活に欠かせないクレジットカードにはリボ払いの限度額が設定されている場合が一般的です。

実際リボ払いをしていなくても、リボ払い100万円の限度額が設定されているだけで、借入しているとみなして、審査する金融機関もありますので、住宅購入を計画される場合は、リボ払い機能のみを解約する事も必要になるかもしれません。

 

 

次回は、皆様や住宅業界の方々も見落とすことのある、携帯電話の割賦購入の影響についてお話します。

 

注文住宅の相談窓口では住宅購入に関する基礎知識を無料でしっかりお伝えし、信頼度の高い優秀な担当者への橋渡しを致します。埼玉県はもちろん、近隣都県の方々からのお問い合わせも大歓迎です。

お気軽にお問合せ、ご予約をお待ちしております。

 

 

当店では住宅購入を検討される皆様に極力、「専門用語は避けわかりやすい言葉で」中立的な立場から客観的な情報発信、アドバイスを心がけております。

どうぞ、お気軽にお問合せください。