お知らせBLOG

借入限度額と返済比率について(1)

こんにちは。

注文住宅の相談窓口の日下(くさか)です。

当店では住宅会社選び、住宅ローン、土地探しなどマイホーム購入に関するさまざまな悩みを住宅専門のファイナンシャルプランナーが無料で解決いたします。埼玉県内のみならず、近隣の都県からのお問合せご相談も大歓迎です。春日部駅西口徒歩4分 ララガーデン春日部の向かい側に店舗があります。

お客様の立場になって一緒に家づくりを徹底サポートしています。

今回は多くの質問を頂く事が多い、借入限度額についてお話ししたいと思います。少し長くなりますので計4回に分けてお伝えしたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

借入限度額と返済比率について(1)

 

金融機関が審査するのは、お客様の年収や、勤続年数等の個人に対して行います。

そしてもう一つが、勤務先の状況についてです。

 

公務員の方と零細企業にお勤めの方を比べてみますとやはり、限度額や金利、保証料等で違いが出てきます。 また金融機関によってそれぞれ、考え方も違ってきます。

 

例えば、住宅会社に訪問すると「早い段階に事前審査しませんか?」と営業担当者から案内があります。

 

この事前審査でわかることはそれぞれの立場で違います。

 

住宅会社の立場

お客様の支払能力を確認した後に、具体的なプラン作成に入りたいと言う思惑があります。

 

お客様の立場

借入限度額がわかることで、ある程度の方向性が見えてきます。

 

住宅FPの立場

借りられる額よりも返せる額が重要ではありますが・・・・・

 

 

やみくもに複数の金融機関に事前審査を出すのは得策ではありませんが、本申し込みは事前審査と違う金融機関に変更も可能で、申し込んだ住宅会社と契約しなければならない事ではありません。どこかの金融機関で事前審査は早めに受ける事は問題ないと言えます。

いずれにしても、住宅会社訪問や見学に行く前に、住宅FP等の専門家にご相談しどのように進めるのかを決めて頂く事をお勧めいたします。

 

次回は返済比率について、掘り下げたいと思います。

 

 

そろそろマイホームを・・・とお考えの方はどうぞお気軽に無料相談へお越しください。

予約ページはコチラから

 

 

当店では住宅購入を検討される皆様に極力、「専門用語は避けわかりやすい言葉で」中立的な立場から客観的な情報発信、アドバイスを心がけております。

どうぞ、お気軽にお問合せください。